先生たちの日記

新型コロナウイルス感染予防対策について ~予防する②~

2021.04.25

新型コロナウイルスについて

⑤遊んでいるときにできること
 玩具を複数用意することで分散させたり、必要に応じてパーテーションを置いたりしています。
子ども同士の関わりを完全に制限することは、発達への影響も考えられるため、玩具の配置や種類等で工夫しています。

 また、ちどり保育園には広い園庭があります!!
 朝夕の自由保育中は、普段から基本的に外で過ごすようにしています。

 

⑥衛生的な環境を保つために…
 机やパーテーション、イスは使用する度に毎回拭いて消毒しています。
 毎日の掃除(保育室、トイレ、手洗い場など)に加え、乳児室とホールは夕方に床を水拭きしています。

 剛腕(オゾン発生器)を順番に毎日保育室に設置しています。
 《 実 証 》
  令和2年8月に藤田医科大学(愛知県)により、
  人体に影響を与えない低濃度のオゾンでも新型コロナウイルスの感染力を
低下させる効果があることが実証されています。

 

⑦職員ができること
 出勤時も含め、不織布マスクの着用を義務づけています。
 また、出勤時に体温や咳の有無を確認し、毎日記録をつけています。
 休みの日は不要不急の外出を呼び掛けています。

 

⑧万が一、感染者が出たときのために…
 どんなに対策をしていても、感染者が出る可能性は0にはなりません。
 万が一感染が確認された場合に行動履歴が正しく出せるように
 食事やおやつの時に誰と食べていたのか?保育中はどこに座っていたのか?等の記録を保育者がつけています。

 

ちどり保育園では上記の対策を行っています。
もちろん、完璧な対策ではないかもしれませんが、感染予防対策を厳しくすることも、子どもたちの発達への影響や負担といったリスクが伴うことも配慮した結果です。

 

“ソーシャルディスタンス”といった社会的な距離(心理的距離も含む)ではなく、
子どもたち、保護者の皆様とのつながりを今まで通り大切にしたいという意味を込めて
WHOが推進している“フィジカルディスタンシング”(物理的距離)を信念に
今後も臨機応変に対応していきたいと考えています!

 

保護者の皆様の協力なしでは、ここまでの対策はできません。
日々の対応にご協力いただき、ありがとうございます。
保護者、職員が力を合わせて大切な子どもたちを守っていきたいと思いますので
今後もよろしくお願いいたします。

カレンダー

2021年4月
« 10月   5月 »
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930